器用な現代っ子“Unitext”

2019.02.01

Unitextのご紹介

一月もあっという間に過ぎました。
年明けから心機一転、開設したての事務所での作業となりました。

「集中して作業ができるだろうか?」「効率が落ちるのではないか?」等、心配は色々とありましたが、いまのところほぼ問題が無く作業が出来ています。

一ヶ月、表通りに面した所で作業をして気づいたことは「走っている(ランニング)している人がとても多い」ということです。歩いている人よりも走っている人の方が多いような気さえします。

そして、平日の昼間だというのに、若い人もたくさん走っています。みんな仕事は?平日が休みの人なんでしょうか。でも、毎日走っている人も結構います。
「夜勤なのかな?」とか、「働かなくてもやっていけるお金持ちなのかな?」とか、考え出すとキリがないので、考えないようにします。

さーて。仕事仕事。

今月の稼働率

さて、今月の稼働率です。
稼働率は、月の稼働日数(今月だと20日)×8時間を100%として、その月に決まっている合計工数を割る事で算出しています。参考程度に考えてください。大体150%を超えると、少し慌ただしくなってくる感じです。

今月は100%ジャストぐらい。ちょうど良い感じで作業が出来そうです。
ご相談は随時受け付けておりますので、ご連絡ください。

今月のFONT紹介は「Unitext」

フォント紹介と言うと偉そうなんですが、自分の勉強の為に毎月書かせて頂いています。意見も個人的な意見となりますが、良かったら読んでみて下さい。

今月紹介する「Unitext」は、今時っぽいモダンな書体で、ヒューマニスト・サンセリフとジオメトリック・サンセリフの良い所を取り入れたような、器用な現代っ子っぽい趣のある書体です。

先ずは見てみましょう

Unitext Hairline

Unitext Hairline

Unitext Extralight

Unitext Extralight

Unitext Light

Unitext light

Unitext Regular

Unitext Regular

Unitext Semibold

Unitext Semibold

Unitext Bold

Unitext Bold

Unitext Black

Unitext Black

xハイトが高く、カウンターが広くスッキリしていて読みやすく、オーソドックスな印象さえ感じる書体です。特徴のある形がありつつも、締めるところは締め、調子に乗りすぎない所が絶妙な知的さを感じる、いかにも人気が出そうな書体ですね。

一番の特徴は“f”とか“t”の横棒の左側がないことでしょうか。この文字の印象で非常にモダンな雰囲気になっている気がします。

また、“a”の形が変わっていて、“s”をそのまま水平に反転させたような、大らかな曲線で構成されているのも面白いです。

使い所は幅広く、色々な用途に使用できそうです。“f”とか“t”の特徴的な文字を活かしてロゴとかにも使えそうですし、横棒の右側が僅かに斜めに切られているのが、スポーティーな雰囲気も感じさせます。

守備範囲が広く、どこに使っても良い働きをしてくれて、嫌われることの少ない、まさに優等生的なフォントですね。

そして、これも素敵なポイントとして、Adobeと契約している方なら誰でも使えますので、ぜひ使ってみて下さい。fonts.comのサブスクリプション契約でも使えます。

それでは今月はこのへんで。まだまだ寒い日が続きますが、楽しく過ごしましょうー。

Other news

関連するNewsの一覧です。
合わせてお読みください。