やっぱりBodoni

2019.07.01

2019年7月はBodoniをご紹介

東京ではすこーし前から雨降りが増え、湿度が高くなってきて梅雨真っ只中です。事務所で作業をしていると、窓から見える雨の街がとても美しく、人通りもいつもよりも更に少なく静かで(青梅は晴れててもあまり人がおりません)、作業をするにはとてもいい季節です。

それにも増して、今年からはエアコンがあるので室温まで快適です。文明の利器。別にエアコンなんて無くても平気だと思っていましたが、これを一回味わってしまうと離れるのが辛くなりそうですね。(でも多分あっさり離れられます)

そして梅雨に関連してもう一つ。突然ですが、皆様は“手拭い”を使いますか?我がオフィスでは、洗面台に常時手拭いがかかっていますが、梅雨になると手拭いの優秀さがわかります。どういうことか?と言いますと、生地が薄いのですぐ乾き、臭くなりにくいのです。

昔からあるものというのは、その地域の気候や暮らしに適しているんだなぁ。と改めて感心しました。生乾きの匂いって嫌ですもんね。

今月の稼働率

さて、今月の稼働率です。
稼働率は、月の稼働日数(今月だと22日)×8時間を100%として、その月に決まっている合計工数を割る事で算出しています。参考程度に考えてください。大体150%を超えると、少し慌ただしくなってくる感じです。

今月は180%程度となっております。大丈夫かこれ。。
緊急の対応は難しいと思いますが、相談は随時受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

今月のFONT紹介は“Bauer Bodoni”

フォント紹介と言うと偉そうなんですが、自分の勉強の為に毎月書かせて頂いています。意見も個人的な意見となりますが、良かったら読んでみて下さい。

モダンローマン体の雄“Bodoni”です。完全に紹介したと思い込んでいましたが、Bodoniの本を紹介した事とごちゃ混ぜになり、肝心の書体は紹介しておりませんでした。

さて、“Bodoni”は縦線が太く、セリフがシャープ。コントラストが強いのが最大の特徴です。18世紀にジアムバティスタ・ボドニの手によって生まれました。今とは違って金属の活字だった為、細い線を表現可能となる印刷技術の進歩が不可欠な書体で、当時は大変センセーショナルな書体として迎えられたことでしょう。

事実、それ以降沢山の派生フォントが発表されています。オリジナルに忠実なBodoniから、結構いじっているものまで沢山の種類があります。自分はその中でも一番好みだった“Bauer Bodoni”を愛用しており、今回はその紹介をさせて頂きます。

ちなみに、“Bodoni”を購入する際に、あまりの種類の多さに驚かれると思いますが、個人的には好みで選ぶのが良いと思っています。オリジナルに忠実なものを選びたい気持ちもありますが、先述した通り、金属活字がオリジナルとなりますので、資料を見ても印刷の質などに左右されますし、あまりそこにこだわる意味はないかと思っています。

それでは、“Bauer Bodoni”を見てみましょう。

Bauer Bodoni Roman

Bauer Bodoni Roman

Bauer Bodoni Bold

Bauer Bodoni Bold

Bauer Bodoni Black

Bauer Bodoni Black

Bauer Bodoni Italic

Bauer Bodoni Italic

Bauer Bodoni Bold Italic

Bauer Bodoni Bold Italic

Bauer Bodoni Black Italic

Bauer Bodoni Black Italic

太いウェイトでもシュッとしているのは、極細のセリフの効果。とてもスタイリッシュ且つエレガントな書体です。一つ一つの文字の造形が秀逸で、拡大して見てみるととても面白い書体です。中でも「j」の形は発明です。すごい!

この造形の美しさから、ファッション系のデザインでは引っ張りだこです。大胆に見出しとして使うと、スタイリッシュさが際立ち格好いいのです。

サンセリフ体が全盛の今ですが、シャレオツ感度の高いデザイナーがファッション系に限らず使っているのを見かけ、嬉しくなったりします。やはりキーワードは“スタイリッシュ”ですが、18世紀生まれの書体が現在もスタイリッシュに使われている。という事が本当にすごいです。デザインの理想として憧れさえ感じます。

この書体が作られた当時の事を思うと、本当に大変だったろうと思いつつも、丁寧な手作業の時代が眩しくも感じます。我々現代のデザイナーは、こういう書体を気軽に使える有り難さを感じつつ、良さを継承しながらも新しい表現を常に求めていけたら良いなぁ(遠い目)と思います。

“Bodoni”という書体の存在感に触れるたび、背筋がピッと伸びる感じがします。

さてさて、今月も背筋を伸ばして頑張りましょうー!

Other news

関連するNewsの一覧です。
合わせてお読みください。