2020年の幕開けはKavaler

2020.01.06

2020年元旦

明けましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします!! 今年も無事に年明けを迎えることが出来、大変嬉しく思っております。
アメリカとイランの件が少々気になりますが、気にしても変わらないので気にしないことにしたいと思います。どうか平和でありますように。

今年のお正月休みは「仕事を一切しない」と決めてみました。
ここ数年は、どんな休日でも必ず何かしらの仕事をしているような状態でした。まさに365日仕事。
といっても、やらないと間に合わないという訳ではなく、仕事をする事自体は嫌いではないので、ついつい作業をしてしまう。という事が理由の多くを占めるのですが、「生活にメリハリをつけた方が良い仕事に繋がるのではないか?」と思ったのでした。

それで、どんな正月が過ごせたか?と言いますと、特段言及することのないような普通の正月を過ごしただけです。お餅を食べたり寝たり初詣に行ったり寝たり。それでも頭から仕事が全くなくなる事はありませんが、仕事に対するプレッシャーからは少し離れる事が出来たように思います。

仕事と自分の関わり方は、フリーランスである以上常に意識してコントロールしていく必要があると思いますが、今年はより一層その意識を強く持ちたいと思っております。
いつまでも仕事を続ける事が、自分の責任の一つだからです。(かっこよく言っていますが、今まで全然出来ていない)

年明けに作る画像が変問題

年明け用の見出し画像(一番上にある画像です)を作り終わった時に既視感を感じ、今までに作った画像を見返してみたのですが、「毎年デザインが変」だということに気づきました。。。しかも毎年似ている。
一言で言うと、センスがない。。

自分は、仕事でデザインをする際には「如何に自分のエゴを消すか」と言う事を目標にしておりますが、そこで溜まった膿のようなものがこの年明けの画像に一気に噴き出してくるのでは。。。と推測しております。これが素の自分のデザインなのか?と思うと、とても恐ろしいですね。ぶるぶる。

過去の画像はこちらです(見なくても大丈夫です)
2019年2018年2017年
ぶるぶるぶる

今月の稼働率

今月の稼働率です。
稼働率は、月の稼働日数(今月だと19日)×8時間を100%として、その月に決まっている合計工数を割る事で算出しています。参考程度に考えてください。大体150%を超えると、少し慌ただしくなってくる感じです。

今月はお正月があったので稼働日数が少ないですね。
稼働率は、年末に比べるとだいぶ落ち着いて150%程度となりそうです。
何かございましたら、ご相談ください。

今月のFONT紹介は“Kavaler”

フォント紹介と言うと偉そうなんですが、自分の勉強の為に毎月書かせて頂いています。意見も個人的な意見となりますが、良かったら読んでみて下さい。

2020年最初の紹介は“Kavaler”です。ちょっと変わったローマン体です。見てみましょう。

Kavaler

Kavaler 大文字

モダンローマン体から派生したであろう、縦横の線のコントラストが強い書体で、直線的部分と曲線とのコントラストもくっきりとしています。
小文字はxハイトが低く、大文字は頭でっかちで、文字を組んだ際のバランスが気になると思いますが、各単語の頭文字を大文字にしてみたのが下の画像です。

Kavaler

うむうむ。古い英語の書籍の見出しにありそうな雰囲気で悪くありません。でも大文字“L”は横線が細く長い為、少し字間が空きすぎに見えてしまうので、組む際には工夫が必要そうですね。

この書体の使い方ですが、大文字だけで字間を空けて組むと、ぬけ感が出てお洒落な雰囲気になります。大文字が頭でっかちで可愛い雰囲気もありつつ、ローマン体の流麗な雰囲気もありますので、甘くなり過ぎず、且つオールドローマンのように敷居が高すぎない。というのがポイントだと思います。
ファッション系とか、女性向けのデザインに使いやすいと思います。ロゴのベースにしても良さそう。

こういうコントラストの強い書体ではありがちですが、線の細さ故にあまり小さいサイズでは使えない場合がありそうです。ウェイトが一つしかないのが残念ですが、割り切って使うしかないですね。
ただ、万能を求める時に使う書体ではありませんので、そこは問題にはならないでしょう。
いつか使ってみたい書体です。

さてさて、今月はこんなところで。

2020年もEMDesignsをよろしくお願いいたします。
今年は災害が少なく、平和な一年になって欲しいと心から思います。
そして、皆様にとって良い一年になりますように。

Other news

関連するNewsの一覧です。
合わせてお読みください。